飼料用米活用で日本飼料工業会が記者会見

平成26年5月23日

飼料用米活用で日本飼料工業会が記者会見

協同組合日本飼料工業会は、平成26年5月23日(金)飼料用米活用について記者会見を行った。会見には24社の報道機関等が参加し「飼料用米に関する日本飼料工業会のメッセージ」について説明を受けた。

工業会の山内孝史会長は、飼料用米の配合飼料への使用の増大に努め、飼料メーカーと産地との取引支援に力を入れると説明。飼料用米の売り先を求める稲作生産者と飼料用米を活用する畜産生産者との円滑な仲介活動を展開。この一助として工業会内に「飼料用米ダイアル」を設置したと説明した。

全日畜では、輸入飼料原料価格の高止まりが続く中で、昨年末に政府が示した飼料用米の生産促進対策に期待を寄せており、今後の工業会の飼料用米利用促進活動(産地交流会等)を共に連携して支援していく予定である。

会見に臨む工業会の山内孝史会長ほか役員の皆さん

会見に臨む工業会の山内孝史会長ほか役員の皆さん

記者会見の会場風景/会見には24社から参加

記者会見の会場風景/会見には24社から参加

カテゴリー

過去の記事