関東甲越全日畜と千葉県全日畜がブロック会議及び講演会を千葉県成田市で開催

平成30年3月9日

3月9日(金)、関東甲越全日畜と千葉県全日畜(両団体会長 伊藤富治 氏)が、今年度も全国で実施された全日畜ブロック会議の最後を飾って、千葉県成田市の「成田ビューホテル」を会場にブロック会議を開催した。

会議には、商系三団体(工業会、全日基、全日畜)と、管外からオブ参加の基金協会も含めて8県の基金協会の常務理事等が参加。直近の情勢等について報告し、個別課題等について意見交換を行いました。

同会場で、ブロック会議に併催して開催された講演会では、講師に畜産環境整備機構の副理事長 原田英男 氏(前農林水産省畜産部長)を招いて、「グローバル化の下でのこれからの畜産経営」と題して、約2時間の講演がありました。

原田講師の講演は、農林水産省時代から長年にわたり全国の畜産経営を見てこられた知見と、退官後のユニークな「肉肉学会」や「熱中小学校」の活動まで広範で、大変エネルギッシュでした。

講演会には、全畜種の畜産経営者約40名と、飼料メーカー、基金協会、行政機関等、約100名が参加しました。

 

議論が続くブロック会議の様子から

議論が続くブロック会議の様子から

講演会場でのスナップ 左:伊藤会長、中:原田講師、右:千葉県井出室長

講演会場でのスナップ
左:伊藤会長、中:原田講師、右:千葉県井出室長

会場からの質疑が絶えない講演会場から

会場からの質疑が絶えない講演会場から

 

カテゴリー

過去の記事