全日畜が総会記念懇親会を開催

平成26年5月26日

全日畜が総会記念懇親会を開催

全日畜は、平成26年5月26日(月)南青山会館で総会を開催した千葉県全日畜と関東甲越全日畜と合同で、総会開催を祝って合同懇親会を開催した。
懇親会には、全国から商系畜産生産者や配合飼料会社の関係者が参加した他、沢山の畜産関係者がお祝いに駆けつけ、約110名が参加した。

開会で挨拶された全日畜の西原登代表理事は、全日畜は初期の5年の活動を経て、役員体制も新たに、次のステップとして6年目の活動を開始する。と挨拶。
来賓として挨拶された、ALICの安井護理事は、全日畜はALICと同じビルに入っており、実施中のリース事業も一番身近で連携して実施させていただいている、と挨拶。

次に、畜産団体を代表して中央畜産会の菱沼毅副会長が挨拶され、TPPを中心とした畜産を巡る畜産情勢等を報告され、今こそ各団体の連携が重要と話された。
最後に飼料会社を代表して日本飼料工業会の山内孝史会長(日本配合飼料株式会社代表取締役社長)が挨拶された。山内会長は、国産飼料原料を確保する飼料用米の推進は一石三鳥の施策。工業会は組織を挙げて支援しているところ、と挨拶。

北海道全日畜の佐々木春男会長の乾杯で開宴した懇親会は、カラオケでも流れている「お肉応援隊」のシンガーソングライター香蓮(かれん)さんが楽しい歌を披露し会場を盛り上げた。
中締めは、新しく全日畜代表理事に就任した青野正宣氏が、商系生産者が連携した活動は益々重要になる。皆さんのご支援、ご協力をいただいてしっかり活動していきたいと挨拶。
前段の全日畜セミナー「攻めの農畜産業を考える」での元気な基調講演の余韻があり、元気を感じる懇親会でした。

開会挨拶の西原登代表理事

開会挨拶の西原登代表理事

ALIC安井護理事がリース事業を連携して実施中と挨拶

ALIC安井護理事がリース事業を連携して実施中と挨拶

中央畜産会菱沼毅副理事長が国際交渉の情勢等を報告

中央畜産会菱沼毅副理事長が国際交渉の情勢等を報告

日本飼料工業会の山内孝史会長が組織を挙げて飼料用米の推進を対応中と報告

日本飼料工業会の山内孝史会長が組織を挙げて飼料用米の推進を対応中と報告

アトラクションでお肉御応援隊の香蓮さんが出演

アトラクションでお肉御応援隊の香蓮さんが出演

全日畜の青野正宣新代表理事が頑張りましょうと締めの挨拶

全日畜の青野正宣新代表理事が頑張りましょうと締めの挨拶

参加者全員で

参加者全員で

カテゴリー

過去の記事