全日畜がブロック会議「東北地域(八戸会場)」を開催

平成27年10月7日

全日畜は、平成27年10月7日(水)・8日(木)にブロック会議「東北地域(八戸会場)」を開催した。

会議目的

地域組織と連携して、地域単位でブロック会議を開催し、関係者相互の情報交換を図る。

日時・会場

平成27年10月7日(水)・8日(木)

青森県八戸市 八戸プラザホテル(翌日:現地乳業施設視察)

主催

青森県全日畜、岩手県全日畜、東北全日畜、全日畜(4団体の共催)

参集者

東北全日畜管内の関係者等(畜産経営者、飼料荷受組合、青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島、千葉各県基金協会、飼料・食肉流通メーカー、行政機関及び関係団体、金融機関等の賛助会員、青森県畜産・飼料コンビナート振興協会会員)、約130名

会議概要

(1)ブロック会議/13:15~13:50

【議事】
・全日畜の活動状況
・日本飼料工業会の飼料用米への取組み状況等

【議事内容】
全日畜関係者の他、生産者の代表、基金協会の代表など26名が参加。青森県全日畜の金子理事の挨拶に続き、会議に入り、全日畜からリース事業等の活動報告、飼料工業会から飼料用米の取組み状況について報告、意見交換が行われた。

(2)講演会/14:00~16:30

演題:「青森県の金融・経済情勢について」
講師:日本銀行青森支店長 山口智之氏
講演内容:日本銀行の景気判断として、全国の景気情勢に続き、青森県の景気動向について各種データをもとに講演をいただいた。

演題:「これからの日本の農畜産業を考える」
講師:(協)日本飼料工業会参事 長谷川敦氏
講演内容:TPP交渉の大筋合意を受けて、これからの農畜産業を考えるをテーマに講演をいただいた。

カテゴリー

過去の記事