全日畜が国会議員に「畜産施策に関する要請」を実施

平成27年11月11日

全日畜は、平成27年11月11日(水)畜産行政に精通している北海道、青森県、千葉県、富山県、鹿児島県選出の17名の国会議員に対して商系畜産生産者としての要請書を提出した。

全日畜の国会議員要請は今年の7月に続くもので、伊藤理事をはじめ畜産生産者等14名の要請団を編成し各議員事務所を訪問して要請を実施した。

要請先

北海道:衆議院議員/佐藤英道議員、伊藤良孝議員

青森県:衆議院議員/大島理森議員、江渡聡徳議員、津島淳議員、木村太郎議員
参議院議員/滝沢求議員

千葉県:衆議院議員/森英介議員、齋藤健議員

富山県:衆議院議員/宮腰光廣議員

鹿児島県:衆議院議員/森山裕議員、小里泰弘議員、金子万寿夫議員、保岡興治議員、宮路拓馬議員

参議院議員/野村哲郎議員、尾辻秀久議員

要請事項

1.地域のリーダーを育成する畜産収益力強化対策等の効果的な実施

2.畜産農家の経営安定対策の充実と後継者の安定的確保

3.安心・安全な畜産物供給

4.飼料自給率の向上と国産飼料原料の安定的確保

>>要請書を見る

カテゴリー

過去の記事