全日畜が国会議員に「今後の畜産施策に関する要請」を実施

平成28年10月12日

全日畜は、昨年11月に続き、平成28年10月12日(水)に、主要な畜産県選出の畜産行政に精通している国会議員に対して、伊藤理事長をはじめ畜産生産者等の要請団を編成し各議員事務所を訪問して、商系畜産生産者としての要請を実施した。

要請事項

  1. 地域のリーダーを育成する畜産・酪農収益力強化整備等特別対策等の効果的な実施
  2. 畜産農家の経営安定対策の充実と後継者の安定的確保
  3. 飼料自給率の向上と国産飼料原料の安定的確保
  4. 消費者への情報提供(原産地表示の適正化)
  5. 台風等の災害に対する迅速かつ弾力的な支援の実施

カテゴリー

過去の記事