愛知県全日畜が「愛知県畜産応援会議」を開催

平成29年9月25日

会場となった愛知県半田市の「半田赤レンガ建物」には、クラスター協議会構成員の他、地域の畜産生産者、行政機関、飼料メーカー、設備機器メーカー等、約50名近くの参加がありました。

愛知県全日畜では、知多地域で組織した「愛知県ちた地域畜産クラスター協議会」における事業後の活動として、成果発表会を「愛知県畜産応援会議」として企画し、協議会構成員に限定することなく、地域から広く参加を呼びかけました。

また、昨今の、畜産業におけるICTあるいはIoT技術への関心の高まりから、「愛知県畜産生産者への提案」という形で講演をしてもらえる企業を募ったところ、クラウドサービスの世界的リーディングカンパニーであるセールスフォースドットコム(本社カリフォルニア州サンフランシスコ)から賛同を得て、会議当日を迎えました。

会議内容(成果発表)

1.「畜舎自動洗浄ロボットの導入とその効果」
(有) 石川養豚場 代表取締役 石川安俊 氏

2.「畜舎自動洗浄ロボットについて」
(有) 中嶋製作所 技術部技術課 遠藤祐治 氏

3.「愛知県畜産生産者への提案(畜産におけるクラウドサービスの活用)」
(株) セールスフォースドットコム
中部営業部長 岡本賢二 氏
アカウントエグゼクティブ 片桐良輔 氏

質疑応答の時間では、出荷後の洗浄に画期的な省力化をもたらす「畜舎洗浄ロボット」だけでなく、セールスフォースドットコムのクラウドサービスに対する関心が高く、終了時間を越えて、熱い議論が交わされました。

愛知県全日畜では県内各地域で「愛知県畜産応援会議」を開催する

愛知県全日畜では県内各地域で「愛知県畜産応援会議」を開催する

 

 

畜舎自動洗浄ロボットによる効果は絶大!と中嶋製作所の遠藤氏

畜舎自動洗浄ロボットによる効果は絶大!と中嶋製作所の遠藤氏

セールスフォースドットコムは全世界で15万社以上が利用するクラウドサービス

セールスフォースドットコムは全世界で15万社以上が利用するクラウドサービス

カテゴリー

過去の記事